2016年12月24日 / by admin

メリットだらけ!LED照明まとめてみました

LEDとは?意外と身近にある!

LEDとは、発光ダイオードの一種です。光の三原色の赤、青、緑であらゆる色を表現することが出来ます。私たちの身近でLEDが使われているのは、例を挙げると信号機です。信号機をよく見ると小さな電球の集まりになっていますね。LEDが信号機に使われる理由は、視認性が高く、寿命が長いからです。さらに消費電力が白熱電球タイプの20%程度と圧倒的に少ないということで信号機という仕事を果たすのに向いていることが分かります。ただ、熱を発しないため雪国などでは雪で信号が隠れて見えないという弱点があります。信号を傾けたり屋根を付けることによって改善されています。

往来の電球とどう違う?

信号機の例を挙げましたが、家の中の照明をLEDにすることもあるでしょう。白熱電球タイプだと、電気を付けたときに少しだけ時間が掛かることがありますよね。しかし、LED照明だと一瞬で部屋を明るくする事が出来ます。また、紫外線を出さないため、夏によくある虫が寄ってくるのを防ぐことができます。寿命が長く、消費電力も少ないので、電球を買い換えたりする手間や電気代などを減らすことができるので、家計も助かるでしょう。

おすすめはLED照明!

LED照明に取り替えることは、往来の照明に比べ明らかにメリットが多く存在するためお勧めです。他の電球を何度も取り替えてお金を無駄にかけてしまうよりも、LED照明1つで何年も長く使うという方がお得で良いですね。さらに、電気代を安く済ませられるのは魅力的ではないでしょうか。電気代を浮かせた分でLED照明のコストを取り戻すことが出来ますよ。電球が切れてしまった際にでも、交換を検討してみてはいかがでしょうか。

従来品を駆逐する勢いで普及が進んでいるのがLEDライトパネルです。そのメリットは長寿命かつ高耐久性能であること。維持コストを削減出来ることは非常に大きな魅力といえます。