2016年12月24日 / by admin

肌の深部からリフトアップ!SMAS法がいい!

SMAS法は何が違うの?

頬のたるみや目尻の下がりなどの治療をすることができるフェイスリフトですが、骨膜下リフトや皮膚だけをリフトする方法のほかに、SMAS法というものが使われるようになりました。皮膚だけだと皮下組織をリフトアップすることができないですし、骨膜下リフトだとダウンタイムが長くかかってしまいます。でも皮膚の下にある表在性筋膜を引っ張るSMAS法なら、根本的なたるみ改善をすることが可能ですし、ダウンタイムも短いのです。

SMAS法の特徴は…

根本的なリフトアップをすることで、理想的なフェイスラインを作ることと身体が回復するまでの期間が短くて済むことがSMAS法の利点です。たるみと表情性筋膜を一緒にリフトアップすることで、ほうれい線や首の皮膚のたるみなど年齢が出やすい部分を5歳から10歳くらい前の状態に戻していきます。ハリの戻った肌は、つやも出て毛穴も目立ちませんしメイクの仕上がりもよくなるんですよ。目尻のしわや口角が気になる人や、全体的なたるみにも効きます。

ダウンタイムなどが知りたい

SMAS法は、局所麻酔をしてから耳の付け根からリフトアップを行います。この時に出来る傷も小さく、髪の毛で隠すことができる程度のものです。顔の傷が目立つのでは…と気がかりな人も一安心ですよね。治療にかかる時間は3時間程度となっています。通院はガーゼを抜くときと抜歯をする時くらいです。ポイントメイクは手術当日から可能出はあるものの、お風呂や髪の毛を洗うのはリフトアップしてから3日後となるので注意してくださいね。

男性の陰茎にあたる部分がクリトリスで、この部分が皮に覆われているのがクリトリス包茎です。手で包皮をむくことができたり、性的興奮により露出するのが仮性、こういった状態でも露出しないのが真性です。